オンサイド速報 なんJサッカー部

2chまとめブログ。 おもに、なんJサッカーネタをまとめています。 URL:http://onside.blog.jp/     RSS:http://onside.blog.jp/index.rdf 相互リンク、相互RSS募集中です。

    あせ
    プレミアリーグ第2節のエヴァートンvsアーセナルが23日にグディソン・パークで開催され、2-2で終了した。  アーセナルのヴェンゲル監督は、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ・プレーオフのファーストレグ、ベシクタシュ戦(0-0)から先発4選手を変更し、合流を遅らせていたエジルとメルテザッカーのドイツ代表組を今季初めて起用。新戦力のサンチェスを1トップに据え、右にチェンバレン、左にエジルを配する4-3-3で試合に臨んだ。一方、エヴァートンのマルティネス監督は、3-0で勝利した今年4月の同カードで機能したルカクを右サイドで起用する策を今回の試合でも採用した。  序盤、積極的な立ち上がりを見せたエヴァートンだが、早々の9分にアクシデントが発生する。ピーナールが負傷によってプレー続行不可能となり、オズマンとの交代でピッチを後にする。マルティネス監督は、1トップとして起用したネイスミスの後方にオズマンを入れ、右にルカク、左にミララスを配した。  15分にはコールマンの危険なクリアからチェンバレンにミドルシュートでゴールを脅かされたエヴァートンだったが、直後に先制する。19分、FKの流れからバリーが入れたクロスをボックス内のコールマンが頭で合わせ、直前のミスを補ってあまりある先制点を記録した。  ハーフタイムにかけては、ビハインドを背負うアーセナルがポゼッションを高める。しかし、アーセナルは1トップのサンチェスにボールが収まらない上、オーガナイザーのアルテタが負傷で不在ということも影響してか、パス回しにリズムが生まれない。  すると、前半終了間際にエヴァートンが追加点を得る。アディショナルタイム1分、右サイドのルカクがハーフウェイライン付近でメルテザッカーとの競り合いを制すと、チェックにきたチャンバースもあっさりとかわして独走。最後はルカクのスルーパスでディフェンスラインを破ったネイスミスがGKシュチェスニーとの一対一を制した。ヴェンゲル監督は、ネイスミスのポジションがオフサイド気味だったため抗議するも、ゴールは認められた。  ヴェンゲル監督はハーフタイム明けにサンチェスに代えてジルーを1トップとして起用。後半開始1分には、チェンバレンのアーリークロスに反応したジルーがボックス左でダイレクトボレーを放ったが、シュートはわずかにバーの上へ外れた。  終盤にかけては、2点ビハインドのアーセナルが人数をかけた攻撃でゴールを奪いにいく。しかし、徐々に守備的にシフトしていったエヴァートンの守備を崩すことができない。67分には、ペナルティアーク付近のジルーが左足を振り抜くも、シュートはわずかに枠の右。さらに70分にもゴール正面でジルーが決定的なシュートを放ったが、GKハワードのセーブに遭った。  その後、ヴェンゲル監督はウィルシャーとチェンバレンを下げて、カソルラとキャンベルを投入。攻撃陣の活性化を狙う。すると、83分に左サイドからカソルラが上げたクロスをゴール前に走りこんだラムジーが合わせて1点を返した。  勢いに乗ったアーセナルは、足が止まっていたエヴァートンに対して攻勢に出ると、試合終了間際に追いつく。90分、左サイドからモンレアルが上げたクロスをゴール前でディスタンに競り勝ったジルーがヘディング。このシュートが決まってアーセナルが勝ち点1をもぎ取り、土壇場で今季初黒星を免れた。一方のエヴァートンは開幕から2戦連続でのドローゲームとなっている。 (記事/超ワールドサッカー) 【スコア】 エヴァートン 2-2 アーセナル 【得点者】 1-0 19分 シェイマス・コールマン(エヴァートン) 2-0 45分 スティーヴン・ネイスミス(エヴァートン) 2-1 83分 アーロン・ラムジー(アーセナル) 2-2 90分 オリヴィエ・ジルー(アーセナル) 【アーセナル、終盤に追いつきエヴァートンと2-2のドロー。(関連まとめ)】の続きを読む

    レス
    チェルシーは23日、プレミアリーグ第2節のレスター・シティ戦に臨み、2-0で勝利した。試合後、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がクラブの公式サイトでコメントを残している。  前半を無得点で終えたチェルシーは、後半に入ると63分にFWジエゴ・コスタ、77分にはMFエデン・アザールがゴールを奪い、2-0の勝利を収めた。モウリーニョ監督は、次のように試合を振り返っている。 「後半の我々はより攻撃的で、セカンドボールを拾えていた。相手を苦しめることができただろう。ただ、レスター・シティは優れたチームで、熱意がありポジティブだった。前半は我々が苦しんだ。だが、後半の我々はとても強力だったと言えるだろう」 「0-0の時は相手に分があった。それでも、我々が得点を決めたし、シュートがポストに当たる場面や相手GKの優れたセーブも何度かあった。後半のパフォーマンスを見れば、我々が勝ち点に値していたと思う」 「我々にはやるべきことがたくさんある。改善する必要がある点については、考えることをやめることはできない。我々が改善しなければならない部分は、前半に明らかとなった」 (記事/超ワールドサッカー) 【チェルシー、レスター相手に2-0の勝利】の続きを読む

    【オンサイド速報について】
    当ブログは「2ちゃんねる」にあるサッカー関連スレッドを中心にまとめたブログです。
    基本的に管理人が気になった記事をまとめますが、プレミアリーグに関する記事が少し多いかもしれません。

    【当ブログの編集について】
    「2ちゃんねる」のスレッドを管理人がある程度恣意的にまとめたものです。
    中には実際のスレッドと流れが違う場合もありますのでその点はご了承ください。

    【コメントについて】
    オンサイド速報ではではコメントの積極的な書き込みを募集しております。
    ただし、悪意のあるコメント、政治色の強いコメント、記事に関係の無いコメント、宣伝コメント等の
    あらし行為と見受けられるコメントは管理人が発見次第削除させていただきます。
    また、必要があればIP禁止処置を取らせていただく場合があります。

    【まとめ方の色分けについて】
     黒字・・・通常のコメント
     青地・・・コメントに対するレスポンスのコメント
     赤字・・・ネガティブなコメント
     茶字・・・ポジティブなコメント
     
    【相互リンクについて】
    URL:http://onside.blog.jp/
    RSS:http://onside.blog.jp/index.rdf


    相互RSS・相互リンク、共に積極的に募集しております。


    【著作権や各種権利について】
    当ブログに掲載している記事や画像の著作権、肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
    掲載に関しまして問題がございましたら各権利所有者様本人より直接ご連絡下さい。
    確認が取れ次第、該当記事の削除を含めしかるべき対応を取らせて頂きます。
    また、当ブログを利用したことにより発生した
    損失・損害については当方は一切の責任と義務を負いません。

    【開設日】
    2014/8/22

    このページのトップヘ

    アクセスランキング