オンサイド速報 なんJサッカー部

2chまとめブログ。 おもに、なんJサッカーネタをまとめています。 URL:http://onside.blog.jp/     RSS:http://onside.blog.jp/index.rdf 相互リンク、相互RSS募集中です。

    2014年10月

    レアリバポ
    http://hello.2ch.net/test/read.cgi/football/1413797765/

    C・ロナウドの得点とベンゼマ2発で3-0

    22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節、リヴァプール対レアル・マドリーの一戦は、アウェーのマドリーが3-0で勝利している。

    マドリーは負傷で戦列を離れたベイルの代わりにハメスを左ウイングに起用。中盤にはイスコ、クロース、モドリッチを並べた。一方、スタリッジを負傷で欠くリヴァプールはバロテッリ、スターリング、コウチーニョを前線に据えた。

    序盤はリヴァプールが攻勢に出る。10分、ジェラードがミドルレンジから鋭いシュートを放つ。だが、マドリーもここはカシージャスが良い反応で防ぎ、安定した立ち上がりを見せた。

    リ ヴァプールの圧力にやや押されていたマドリーだが、23分にC・ロナウドが均衡を破った。ハメスからのチップキックのパスに、走り込みながら難しい体勢で ワンタッチシュートを沈めた。C・ロナウドはこの得点で元マドリーFWラウールが保持するCL最多得点記録71得点にあと1ゴールと迫っている。

    マ ドリーはさらに31分、セットプレーの流れから左サイドのクロースに展開。ドイツ代表MFが上げたクロスにファーサイドでベンゼマがヘディングを叩くと、 GKミニョレの頭上を抜いてネットを揺らした。マドリーはなおも攻める。41分には、左CKからペペが混戦の中ボールをつつき、最後はベンゼマが押し込ん で前半だけで3点差とした。

    リヴァプールは前半終了間際にコウチーニョがシュートも、ポストに直撃。運にも見放され、厳しい状況のまま後 半へ。後半開始からはバロテッリに代えてララナを投入した。さらに67分、ヘンダーソンに代えてエムレ・カン、コウチーニョに代えてマルコビッチをピッチ に送り込む。72分にはララナが決定的なチャンスをつかみかけたが、これはオフサイド。反撃の狼煙を上げたかったが、1点が遠い。

    アンチェロッティ監督は25日に控えたバルセロナとのクラシコを見据えて75分にC・ロナウドを下げ、負傷明けのケディラを投入した。80分には、クロースに代わりイジャラメンディ、84分にはマルセロに代わってナチョがピッチに入った。

    マドリーはそのまま危なげなく試合を締め、敵地アンフィールドで欧州王者の威厳を示している。
    【レアルの桁違いの強さに呆然とするリヴァプールスレの住人たち】の続きを読む

    ガナ
    http://hello.2ch.net/test/read.cgi/football/1413901857/

    22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節、アンデルレヒト対アーセナルの一戦は、2ー1でアウェーのアーセナルが勝利した。

    ここまで1勝1敗のアーセナルは、守護神シュチェスニーが出場停止、控えのオスピナが負傷したため、22歳の若手GKマルティネスが先発した。

    前半はどちらもおとなしい展開。16分、アーセナルはアレクシスのクロスにウェルベックが合わせるがゴールならず。34分には、アレクシスが後方からのロングボールを巧みにコントロールしてペナルティーエリア右に侵入したものの、DFを外しきることができなかった。

    結局、前半は大きな見せ場がなく終了。どちらも枠内シュートなしというデータで後半に入る。

    後半に入っても、大きな動きはない。64分にはアレクシスのパスに抜け出したカソルラがペナルティーエリア左からシュートを放つも、GKに止められた。

    ボール支配率で優位に立つアーセナルが、少しずつ先制点に近づいていったようにもうかがえたが、先制したのはホームのアンデルレヒトだった。

    71分、ボールを奪ったアンデルレヒトは素早く攻撃を仕掛けると、ペナルティーエリア右でボールを持ったプラートが相手を引きつけてクロス。アーセナルは人数が足りていたもののナジャルがヘディングで合わせて、ゴール右に決めた。

    追いかける立場となったアーセナルは、ウェルベックとフラミニを下げて、チェンバレンとキャンベルを投入する。

    しかし、アンデルレヒトは78分に決定機をつくるなど、アーセナルから2点目を狙った。

    アーセナルは80分、アレクシスの直接FKが際どいところに飛ぶも、わずかに枠外。同点とすることができない。84分にはポドルスキも入り、最後の攻撃に出た。

    だが、勢いに乗るアンデルレヒトは、終盤になっても引かずに前を目指し、アーセナルは何度も冷や汗をかいた。

    それでも、アンデルレヒトは初勝利に届かない。アーセナルは89分、右サイドのチャンバースが大きなクロスを入れると、ファーサイドに走り込んだギブスがダイレクトボレー。同点弾を挙げる。

    これで乱れたアンデルレヒトをアーセナルは見逃さなかった。後半アディショナルタイム。左からのクロスをアレクシスが粘って右から折り返すと、DFに当たったボールをポドルスキがゴール。わずか2分で逆転に成功する。

    アンデルレヒトは、初戦のガラタサライ戦でも勝利目前だったアディショナルタイムで失点して勝ち点2を落としていたが、再びつかみかけた勝利を手放してしまった。

    アーセナルはこれで2勝目。同日の試合で勝利し3連勝を飾ったボルシア・ドルトムントを追走している。
    【奇跡の大逆転!なぜ勝てたのかわからないアーセナルスレの住人たち】の続きを読む

    このページのトップヘ