オンサイド速報 なんJサッカー部

2chまとめブログ。 おもに、なんJサッカーネタをまとめています。 URL:http://onside.blog.jp/     RSS:http://onside.blog.jp/index.rdf 相互リンク、相互RSS募集中です。

    リーガ・エスパニョーラ

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413649317/
    ロナウド
    1 :名無しさん@オンサイド 2014/10/19(日) 01:21:57.61 ID:???0
    18日のリーガエスパニョーラ第8節、レアル・マドリーは敵地シウター・デ・バレンシアでのレバンテ戦で5-0の大勝を飾った。

    過去4年間の成績が2勝1分け1敗と、同期間ではカンプ・ノウ(バルセロナ本拠地、勝ち点8を落とす)、
    エル・サダール(オサスナ、勝ち点7)、サンチェス・ピスファン(セビージャ、勝ち点6)に続いて苦手とするシウター・デ・バレンシアに乗り込んだマドリー。

    アンチェロッティ監督は負傷でコエントラン&セルヒオ・ラモス、風邪でヴァランを欠くDFラインにカルバハル、ペペ、ナチョ、マルセロを配置し、
    中盤にはハメス、モドリッチ、クロース、イスコを起用。前線ではヴァラン同様に風邪を引いたベンゼマの代わりにチチャリートを置き、クリスティアーノ・ロナウドとコンビを組ませた。

    2分にC・ロナウドがわずかに枠を逸れるシュートを放つなど、立ち上がりに攻勢を見せたマドリー。スコアを動かしたのは12分のことだった。
    モドリッチのパスからペナルティーエリアに入り込んだチチャリートが、フアンフランに倒されてPKを獲得。C・ロナウドがこれを冷静に沈めた。

    その後もボールを保持したマドリーだが、単調な攻撃はレバンテ守備陣に絡め取られ、カウンターから失点の危機を迎える。
    26分にマルセロのクリアボールが枠の右をかすめると、直後のCKではカマラサにヘディングシュートを放たれ、モドリッチがゴールライン上でクリアして難を逃れた。

    冷や汗をかいたマドリーは38分、ハメスの右CKを起点としてリードを広げることに成功する。
    レバンテがクリアしたボールを受け取ったコロンビア代表MFが再度ペナルティーエリア内にボールを送ると、フリーとなっていたチチャリートがヘディングシュートを突き刺した。

    後半に入ると、レバンテに攻め立てられる状況が続いたマドリーだったが、61分にカウンターからC・ロナウドが加点。
    中盤でボールを奪取したイスコのパスを左サイドで受けたCR7は、DF2枚をかわしながら内に切れ込み、右足でGKマリーニョを破った。

    ポルトガル代表FWはこれでリーガ15得点目。元オビエドのエチェベリア氏が1943年に達成したリーガ記録を1点上回り、第8節時点で最も多くの得点を決めた選手となった。

    マドリーはその後も、鋭いカウンターによってレバンテのゴールに迫り、66分にはハメスも得点を記録する。
    クロースの浮き球のパスからペナルティーエリア内に侵入したコロンビア代表MFは、胸トラップからダイレクトシュートを繰り出してネットを揺らした。

    アンチェロッティ監督は4-0とした後に選手交代に動き、クロース、マルセロ、モドリッチに代えてイジャラメンディ、アルベロア、
    そしてカンテラーノのメドランをピッチに立たせる。

    レバンテの攻撃を受け流しながら速攻を仕掛けるマドリーはさらに82分、イスコがチチャリートとの連係から豪快なシュートを突き刺して5点目。
    メンディリバル監督率いるチームにとどめを刺し、満員となったシウター・デ・バレンシアのファンを失望に追いやっている。

    5連勝のマドリーは、暫定ながらバレンシアを勝ち点1差で抜き去って2位に浮上し、次節に対戦する首位バルセロナとの勝ち点差を1に縮めている。

    10月19日(日)1時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00000035-goal-socc
     
    結果
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634030

    動画
    http://www.ballball.com/ja-jp/




    クリックで応援よろしくお願いします 【C・ロナウドは本当に人間なのか?(関連まとめ)】の続きを読む

    このページのトップヘ