オンサイド速報 なんJサッカー部

2chまとめブログ。 おもに、なんJサッカーネタをまとめています。 URL:http://onside.blog.jp/     RSS:http://onside.blog.jp/index.rdf 相互リンク、相互RSS募集中です。

    セリエA

    1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/11(土) 13:33:52.64 ID:CeKyM3bv.net
    トッティがチームメートにジグソーパズルを見せびらかし、
    「オレって天才だよ。たった3カ月で完成させたもんね。普通にやれば、3年はかかるヤツなんだぜ」と自慢した。
    ジグソーパズルの箱をみると「3years(3歳児用)」。

    イタリアで話題の「アナタの悩みの50%が解消できる本」を購入したトッティ。
    胸を張って友人にこう言った。
    「悩みを100%解消したいと思ったから、迷わずに2冊買ったよ」

    トッティの彼女が「アナタの頭の悪さをバカにした話がはやってる。
    本でも読んで教養を身につけましょう。手始めにシェークスピアは?読んだことあるでしょ?」
    「もちろん読んだことあるさ。ただ、作者名がちょっと思い出せないんだよな」



    【【なんJ小ネタ】トッティがアホすぎて草】の続きを読む

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415318599/
    1 :名無しに人種はない 2014/11/07(金) 09:03:19.60 ID:???0.net
    UEFAのミシェル・プラティニ会長は今年の9月にファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)を違反するクラブのリストを公開した。
    その中にはイタリアのローマやインテル、イングランドのリバプール、そしてモナコといったクラブが含まれている。

    そして、ついにローマとインテルがUEFAの"呼び出し"にあったようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

    ローマ会長のジェームズ・パロッタは6日UEFAと会談を行なうためスイスに向け出発した。
    また明日7日にはインテルのエリック・トヒル会長がニヨンで会談する予定だ。

    クラブの赤字経営を禁止するFFPに抵触しているとみなされた2クラブ。
    ローマは約100万ユーロ(約1億4000万円)、インテルは180万ユーロ(2億6000万)の赤字に達していると報じられている。

    警告を受けたクラブについては、状況が改善されない場合は6000万ユーロ(約86億円)の罰金が課せられる。
    また、チャンピオンズリーグ登録人数を25人から21人へと削減されることとなる。

    今年の5月にはマンチェスター・シティとパリ・サンジェルマンを含む9クラブに上記の制裁が課せられた。
    プラティニ会長によるFFPは順調に適用されているようだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141107-00010005-footballc-socc

    欧州サッカーの勢力地図が変わるか。赤字経営の禁止、ビッグクラブに影響大の“ファイナンシャルフェアプレー”制度とは?
    http://www.footballchannel.jp/2014/03/04/post29006/




    【UEFAがセリエを潰しにきている件】の続きを読む

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413781278/本田得点王
    1 :名無しに人種はない 2014/10/20(月) 14:01:18.75 ID:???0
    ヴェローナ戦は単独最高評価の7.5点
    2014/10/20 13:33:00

    ミランMF本田圭佑は19日、セリエA第7節エラス・ヴェローナ戦で先発出場し、85分までの
    プレーで2ゴールを記録した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、チームを
    勝利に導いた本田に、ベストプレーヤーの最高評価を下している。

    今節も3トップの右サイドで先発出場を果たした本田。20分にはドリブル突破で惜しい
    場面を演出すると、直後のヴェローナのオウンゴールでリードを手にして迎えた27分、
    FWステファン・エル・シャーラウィのスルーパスに反応し、チームの2点目を決めた。

    後半も、本田は56分に追加点。DFアディル・ラミの後方からのパスに反応すると、その
    ままドリブルで持ち込んでから冷静に左足でシュートを流し込み、セリエAで初となる
    ドッピエッタ(1試合2得点)を記録した。

    本田はこれで7試合6得点。ユヴェントスFWカルロス・テベス、ナポリFWカジェホンと
    並び、得点ランク首位タイだ。見事な活躍に、『ガゼッタ』はこの日唯一となる7.5点を
    つけ、次のように賛辞を送っている。

    「常にチームメートのアイディアに反応してフリーとなることで、得点数を6に伸ばした。
    抜け目ないFWのように、彼は決してゴール前であわてない」

    なお、ミランはMFマイケル・エッシェンが5.5点だった以外、全員が平均点となる6点
    以上だった。途中出場のDFダニエレ・ボネーラのみ、採点なしとなっている。


    【イタリア紙が本田を絶賛!イタリア人の手首がちぎれそうwww】の続きを読む

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413536268/
    トヒル
    1 :名無しさん@オンサイド 2014/10/17(金) 17:57:48.99 ID:???0
    イタリア・セリエA、インテルのエリック・トヒル会長は、グローバルなものの見方をしなければ、
    すでに後れを取っている同リーグが、さらに格下げされるだろうと警告した。

    16日、米CNNテレビのウェブサイト「CNN.com」に掲載されたインタビューで、トヒル氏は「イタリアは、2番手、3番手どころか、4番手にも入れない。
    9番手になり、ポルトガルやオランダに立ち位置を奪われる」と話した。

    1年前、インテルの株式の70パーセントを取得したトヒル氏は、2010年にイタリアのチームとして最後に欧州チャンピオンズリーグ
    を制した同チームが、3年連続でチャンピオンズリーグの出場権を逃したことを、とりわけ心配している。

    インドネシアの実業家であるトヒル氏は、リーグの幹部に対し、変化を受け入れなければファンを失うと警告しており、
    その結果として、ライバルの他リーグに市場のシェアを奪われることになると考えている。

    イタリアサッカーは2006年、カルチョ・スキャンダルとして知られる八百長スキャンダルで大打撃を受け、ユベントスがセリエBに降格させられるなどの処罰が下された。

    その後、イタリアが経済危機に陥った結果、多くのイタリア人が職を求めて他国に移住するなど、国内の市場は低迷している。

    インテルやACミラン(AC Milan)、ユベントスが提示していた巨額の報酬は、いまや過去のものとなり、スター選手は、条件が良い契約を求めて他リーグへ移籍してしまう。


    ■三度目のスキャンダルは命取り

    2007年にミランが優勝して以降、2010年にインテルがトロフィーを掲げるまでチャンピオンズリーグで見せ場のなかったイタリア勢は、
    数年後にさらなる八百長スキャンダルで信頼をなくした。トヒル氏は、次に同じようなスキャンダルが起きれば、イタリアサッカーの命取りになると話している。

    また、アジアなどの新興市場を開拓するため、各クラブの会長にグローバルなアプローチをするよう促している。
    つまり、イタリアはイングランド・プレミアリーグを見習い、アジア遠征などを取り入れるべきだという。

    トヒル氏は、「セリエAは、もっと積極的にならなければいけない。特に強調したいのは、もう一度カルチョ・スキャンダルが起きたら、セリエAは終わりだということだ」と話した。

    「イタリアだけでなく、世界をグローバルな視点から見ることが大事だ。(他クラブの)会長はオープンな姿勢だ。やるべきことがたくさんある」

    「世界各地には、テレビやコンピューターではなく、生で試合を見たい人が大勢いる」

     イタリアのトップチームが上げる収益は、イングランド・プレミアリーグのライバルをはるかに下回っており、
    米経済誌「フォーブス」の調べによれば、2014-15シーズンのインテルの売り上げ見通しは2億4000万ドル(約255億円)で、
    マンチェスター・ユナイテッドの半分以下となっている。

    トヒル氏は、「イングランド・プレミアリーグの市場はどんどん大きくなったが、セリエAは世界的に見て2部リーグになる可能性もある」とし、
    「それでも、ここには素晴らしい土台がある。ドイツのブンデスリーガや、スペイン1部リーグには十分対抗できるはずだ」と締めくくった。

    10月17日(金)17時28分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000044-jij_afp-socc




    クリックで応援よろしくお願いします 【セリエAの衰退が止まらない・・。インテル会長も警告】の続きを読む

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413205134/

    1 :名無しさん@オンサイド 2014/10/13(月) 21:58:54.43 ID:???0
    昨季、アーセナルからローマに加入したFWジェルビーニョ。

    アーセナルでは苦戦を強いられた同選手だが、ローマではリールでも指導を受けていた
    恩師ルディ・ガルシア監督のもと大活躍を果たしている。

    ジェルビーニョの最大の武器であるドリブルは一体どれくらい速いのだろうか? 
    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がユニークな比較を紹介している。

    同選手はコートジボワール代表として出場した2014年ブラジルW杯にて最大時速32.3kmを記録。
    昨年、サンシーロでは最大時速35kmというスピードを叩きだした。

    現在、人類最速の男である陸上競技選手ウサイン・ボルトは100mを平均すると時速35.578km。
    レース中の最高スピードは時速44kmにも及ぶ。しかし、ジェルビーニョは「ドリブル勝負ならきっと僕の方が速い」と自信のコメントを発している。

    また、自転車選手であるマーク・カヴェンディッシュの最高スピードは時速70km、地上最速の動物であるチーターの最高スピードは時速120kmだ。

     ジェルビーニョと、それぞれの比較は以下の通り。

    ジェルビーニョ(最大時速35km)
    ウサイン・ボルト(最大時速44km)
    マーク・カヴェンディッシュ(最大時速70km)
    チーター(最大時速120km)

    10月13日(月)16時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141013-00010025-footballc-socc

    写真 ジェルビーニョ




    【【速すぎ】ジェルビーニョ、ドリブルスピードは最大時速35Km!ボルトの100m平均時速と同等】の続きを読む

    このページのトップヘ